虫の展示室  リストから検索できます。クリックすると説明文が見られます。


image
アザミウマの一種
アザミウマ
(アザミウマ目)
■代表種:ミナミキイロアザミウマ、ネギアザミウマ

総翅目ともいう。この目に属する昆虫の総称。成虫の体長1〜3mmの微小な昆虫で、体形は細長く上下に扁平な種が多い。
大部分の種は植物を食する。農業害虫・園芸害虫として知られる種が多い。微小なため、建物の僅かな隙間から飛翔侵入する。



image
アブラムシの一種(有翅虫)
アブラムシ
(カメムシ目 アブラムシ科、カサアブラムシ科、ネアブラムシ科)
■代表種:ワタアブラムシ、モモアカアブラムシ

アブラムシ科、カサアブラムシ科、ネアブラムシ科に属する昆虫の総称。有翅と無翅の2型がある。成虫の体長は0.8〜4mm程度のものが多い。
いずれの種も植物の葉、茎、根から吸汁して生活する。農業上の重要な害虫が多い。有翅虫は風に乗って屋内に侵入してくる。



image
アメリカシロヒトリ
アメリカシロヒトリ
(チョウ目ヒトリガ科)

樹木の害虫として嫌がられているものの代表種。特に好む樹木として、サクラ、ポプラ、プラタナス、ヤナギ、クワ、ニセアカシア、カエデ類等でその他に記録された寄生植物だけでも約360種程が知られ、年2回〜3回発生する。幼虫は5齢に達するまで葉一面に糸を吐いて葉をつづり、集団生活をしながら葉脈を残して食害する。
このため、食害をうけた箇所は白っぽく見えることが多い。庭木が丸ぼうずにされる被害も多い。



image
トビイロケアリ

image
トビイロシワアリ
アリ
(ハチ目 アリ科)
■代表種:トビイロシワアリ、トビイロケアリ

アリ科に属する昆虫の総称。
家屋周辺の土中や石の下などに巣をつくり、働きアリが餌の探索のために家屋内に侵入することがある。
結婚飛行のため巣から出た有翅虫が照明光に誘引されて室内に侵入することもしばしばである。



image
イエバエ
イエバエ
(ハエ目 イエバエ科 イエバエ)
■代表種:イエバエ

イエバエ成虫の体長6〜8mm。
人の住んでいるところであればどこにでも生息している。都会では主に厨芥、農村では畜舎の敷き藁や堆肥から発生する。屋内侵入性であるため、家屋内によく侵入する。
O-157の媒介者としても知られる。

 ©2006 TEISO KASEI CO.,LTD
| 個人情報の取扱について | 免責事項 | サイトマップ |